武雄市地域包括支援センター

高齢者の方々の介護サービス、日常生活支援などの総合的な相談窓口です。

介護予防講演会を開催します~認知症とともに活き活き生きる~

3月24日(日)に山内町公民館で介護予防講演会を開催します。

テーマ 「認知症」とともに活き活き生きる

講師 福田 人志氏(認知症当事者)

   中倉 美智子氏(後見的支援者)

講演会では、若年性認知症の当事者である福田さんが、認知症の方がどんな悩みを抱えているのか、どんな思いを持ちながら日々を過ごしているのか、当事者にしか分からない思いについて福田さんが描かれた絵とともにお話をしてくださいます。

今後地域でも認知症の方が増えてくることが考えられます。認知症について学び、考える機会になるかと思いますので、ご興味のある方はお誘いあわせの上ぜひご参加ください。

・日時  平成31年3月24日(日) 13:30~15:00

・場所  山内公民館 ホール

・参加  どなたでも可(参加費無料)

20190318151045

 

☆講師 福田さんのプロフィール☆

・歌や絵画を発表する「壱行の会」の立ち上げ

認知症カフェ「峠の茶屋」を毎月開催

・H29.6より佐世保・県北地域型認知症疾患医療センターの付属機関として若年性認知症支援相談室の相談員を務める。

 

 

北方町第2層協議体発足会

2月28日、北方公民館で「北方町第2層協議体発足会」が開催されました。 

まずは、第2層生活支援コーディネーターさんが所属されている、社会福祉法人ナイスランド北方 杏花苑の施設長  寺元真由美氏より、「今までの取り組みや経験から、高齢者の皆さんが、安全・安心な生活が送れるよう、支えあいの地域づくりの仕組みづくりとそれを広げる活動をしていきたい。」と挨拶をいただきました。

 

 

小松市長からは、

①目的が何なのかを常に考えること

②新しいことだけではなく、すでにある活動をうまく生かしたり、組み合わせたり、対象を広げてみること

北方町らしさをのばしていくこと

を話され、協議体委員の皆さんを激励されました。

 

さわやか福祉財団 さわやかインストラクターの江口陽介氏より、「なぜ地域づくりをやるのか ~地域づくりの本質を考える、第2層協議体まずやるべきこと~」をテーマに、地域包括ケアシステムや第2層協議体の役割についてご講演いただきました。

介護保険サービスは必要であるが、今後は、どんな支援のある地域を目指すのか、「目指す地域像」をまず決めることが必要とお話しいただきました。

f:id:tasshaka:20190301094625j:plain

 

北方町第2層の先導役である、生活支援コーディネーター 古賀さんからは、「協議体のみなさんが楽しいと思える協議体、楽しいと思える活動をしていきたい !」との意気込みをお話しされました。

f:id:tasshaka:20190301094712j:plain

 

30年度中には9町すべてに第2層協議体が発足する予定です。

各町の環境、人材、行事などそれぞれの良いところや強みを生かしながら、助け合い、支えあいのまちづくりが進んでいくのが楽しみです。

私たち地域包括支援センターも、各町のやってみたい助け合い・支えあいの活動をバックアップしていきます!

出前講座『権利擁護』in NPO法人ゆとり

今日はNPO法人ゆとりの職員研修にお呼ばれし『権利擁護』の出前講座を開催しました。

講師は、我が地域包括支援センター社会福祉士である田中が説明を行いました。
f:id:tasshaka:20190213182029j:plain

まずは「成年後見制度」
認知症が増えていくなか自己判断が出来ない高齢者に代わり「後見人等」が介護サービスや施設入所などの契約や、金銭管理などを行う制度です。

次に「虐待」
明らかに虐待となる事案以外にも、介護などの現場で虐待とは認識してない事案でもやり方によっては虐待になることもたくさんあります。
特に高齢者のためにと思って行っている安全ベルトや手袋、ベッドの柵などの「身体拘束」は基本虐待となりますので注意しましょう、と説明がありました。
f:id:tasshaka:20190213182152j:plain
ちょっと難しい内容でしたが、40名程の職員さんが熱心に話を聞かれていました。

『シニア音楽サロン』♫ ~㏌朝日町~

9町それぞれの公民館で開催している『シニア音楽サロン』♪

今日は朝日公民館を覗いてきました。
参加者は18名。

懐メロに合わせ歌いながら、丸い輪っかを横に振ったり、上下に振ったり、隣の人とつなぎ合わせたり。
f:id:tasshaka:20190123190615j:plain

とても楽しそうでした🎶
f:id:tasshaka:20190123210743j:plain

最後に出欠確認をされた時に、欠席の理由を言ってくださる人もいて、人と人のつながりで、安否確認までできているな~と感じました。

みんなで歌を歌うことは、

①脳が活性化する
②発声が良くなる
③体がほぐれる
④顔がいきいきしてくる
⑤食べ物の飲み込みも良くなる
⑥友達もできる

などなど、頭にも体にもいいことがいっぱい‼

『音楽サロン』や『カラオケ健康教室』などが、歩いていける通いの場やサロンで普及していけばいいな~

いきいき百歳体操 ~鳥海北上地区にご紹介~ 

12/12(水)に北上公民館に百歳体操のご紹介に行きました。

その日はサロンの忘年会で手作りケーキを作られたり、プレゼントを配られたりしていたそうで、8人集まられていました。

f:id:tasshaka:20181214164700j:plain

 

これから10年、20年先、人の手を借りずやりたいことを楽しんで生きていくには”筋肉”がとっても大事です!など、筋力や人とのつながりの大切さの話をした後、百歳体操のご説明をさせていただきました。

 

説明の後は「やります!」と即決でお返事してくださいました(^^)

 

そのあと、当日サロンで歌われた「年を取るってどんなこと」「年金時代」という替え歌を歌ってくださいました。

f:id:tasshaka:20181214164717j:plain

どちらもポジティブで素敵な歌でした。

早速来週から百歳体操開始していきます。

みんなで楽しく頑張っていきましょう!!

武雄市地域ケア推進会議を開催しました

9月25日(火)に「武雄市地域ケア推進会議」を開催しました。

 

この会議は、今年度から本格的に毎月実施している「武雄市地域ケア個別会議」なかで話し合われた課題をもとに、地域に共通した課題を明確化し共有することで、地域課題の解決に必要な資源開発や地域づくり、さらには政策形成につなげることを目的に、年2回開催します。

 

構成メンバーは、

医師会、歯科医師会、薬剤師会、民生委員、民間企業(郵便局)、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、訪問看護事業所、訪問介護事業所、病院地域連携室、社会福祉協議会、警察署、消防署、消費生活センター老人クラブの方々 

f:id:tasshaka:20180927100427j:plain

 

今回の地域課題は、

①集まりの場、②移動手段・移送サービス、③半日型デイサービス、④独居高齢者の対応、⑤買い物支援

を取り上げました。

 

②移動手段については、

この会議以外でも常に要望が出てくる課題で、移動手段があれば、①集まりの場への参加や、⑤買い物支援といった課題も解消されるのでは、との意見。

 

④独居高齢者の対応については、皆さん対応に苦慮されており、

「病院から退院で自宅に帰したいが独居生活が困難で帰すわけにもいかず、受け入れてくれるところもなく退院が長引くことがある。どこに相談すればよいか。」

「入院、手術の際に身元保証人がいなくて困る。民生委員に相談されるが保証人までは受けれなくて困る。」

「救急搬送の時、緊急連絡先が分からない。他の市町は冷蔵庫に保管されているところもある。社協で配布されている『緊急連絡カード』を活用し、筒に入れ冷蔵庫保管してもらうようにしてもらったら助かる。」

「『緊急連絡カード』も『要援護者台帳(災害時に援護が必要な方の台帳)』も本人が拒否されれば記入してもらえず活用できない。強制力があれば…」

など、様々な意見が交わされました。

 

メンバーの職種が多種に渡り、またこの「地域ケア推進会議」も始まったばかりなので、会議の目的である政策につなげるとことまではまだまだですが、多職種の皆さまと武雄市の課題を共有するところから少しずつ進めていきたいと思います。

 

 

フォーラムの準備進んでます(第1層協議体会議)

今年度3回目の第1層協議体を開催しました。

前回に引き続き、11月23日(金・祝)に開催する「助け合い、支えあい」をテーマにしたフォーラムの打合せを行いました。

今回は当日の役割、ポスターやチラシの詳細について検討しました。

協議体の委員の皆さん、積極的でポスターの原案作成や当日の司会や受付など、快く引き受けてくださって、とても心強いです

f:id:tasshaka:20180823105839j:plain

 

f:id:tasshaka:20180823105906j:plain

 

ポスターや当日の内容など、決まり次第このブログで紹介していきたいと思います。

 

第1層生活支援コーディネーターの林さんも、フォーラム成功のため、日々奮闘されています。林さんのブログでもフォーラムの紹介がされていますので、ぜひご覧ください。

ufokai.sagafan.jp